スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬の飲ませ方

きなこが我が家に来てしばらく経った頃、
動物病院で薬を処方された。

P1001047.jpg


飲ませ方を病院で説明してもらい、家でも本を見て確認した。

”粉薬はほっぺを引っ張り頬と歯の間に薬を入れた後、頬を揉んで唾液と混ぜる。”

犬に薬を飲ませるのは初めてなので、
緊張しつつほっぺを引っ張った。
口元のたるみが少ないので、なかなか薬が入れられない。
そうこうしている内に暴れだして逃げられた。

いつも全身を触るようにしていたが、普段と違う様子に気がついたのか
私の緊張が伝わったのか、逃げ回っている。

あぁ飲んでくれなかったらどうしよう、どうしよう。
と言っているだけでは仕方がない。
こうなったらダメもとで、直接やってみよう。
何日分かあるから、一袋くらい無駄になってもいい。
何とか飲ませることが大事なのだ。

手のひらに薬をのせ、ドキドキしながらきなこに差し出した。

恐る恐る匂いを嗅ぎ、そーっと舐めるきなこ。
やった!と思った瞬間、


ベロベロベロベローーー!

と凄い勢いであっという間に薬を片付けていた・・・

整腸剤だったので、おそらく甘味があったのだろうが、
それにしてもこんなに喜ぶとは思わなかった。
あんなに緊張し、心配した私は何だったのか。

P1001056.jpg


良かったな、おいしい薬で・・・



スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

コメント

No title

さすがは、きなこちゃんv-22
粉薬飲めるなんて、すごい!!
私はまだやったことないなぁ
全部甘いお薬ならいいのにねv-238

No title

>ムギムギさん
その頃あげた、どんな食べ物よりも喜んで舐めてました(笑)。
本当、全部甘い薬ならみんな飲ませるの楽なんですけどね~。
犬用の「薬飲ませるゼリー」なんてどこか開発してくれないかなぁ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ようこそ  
プロフィール

黒みつ

Author:黒みつ
きなこの飼い主
(人間の)母ちゃん
B型

きなこ
チワワ 13歳
ものすごい食いしん坊

父ちゃん(ダンナ)
ものすごい心配性

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
「きなこもちわわ」はリンクフリーです。 報告しなくても大丈夫ですが、していただけたら嬉しいです。
クリック募金
月別アーカイブ
ランキング
にほんブログ村 犬ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。